スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録3

最近読んだ漫画

・「乱と灰色の世界 1~3」入江亜紀
 漫画好きからのオススメ。かなりの良作。一家四人の魔法使いを中心とした現代ファンタジーもの。
 絵柄が好きなのもあるけど、背景や小物までしっかり描いてあるから読むのが楽しい。
 珊瑚ちゃんがかわいい。

・「市川春子作品集Ⅰ 虫と歌」市川春子
 オススメその2。アフタヌーンだな、って感じが大変肌に合います。
 どの短編も良かったけど、個人的には「星の恋人」がイチオシかしら。
 暗いところが重いせいか、明るいところが鮮明な感じでこれもまたよかった。

・「市川春子作品集Ⅱ 25時のバカンス」市川春子
 オススメその3。「虫と歌」と同じ人の作品。
 展開としては少しずつ似通っている部分があるなー、と感じた。
 そして良い意味でまた騙される。うれしい。


今読んでいる小説

・「少女」湊かなえ
 映画化もして有名になった「告白」の作者の新刊。
 自殺や学校裏サイトなどを題材にしつつ、現在の高校生を描いている。
 今のところで気に行った場面。

  「あなた、笑わないのね」
  「どこか、笑うところがありましたか?」
  「……ああ、そうね。今の子たちは、おもしろいことがないと笑わないのね」

 ちょっと考えさせられる場面だった。

 4月28日 読了。
 やっぱこの人すごいわ。キャラクターが人間らしさを持ってる。
 「あぁ、こんな人いるかもな、もしかしたらこんなことあるかもな」って思わされる。
 リアリティがあるフィクション。この人の本は「告白」しか読んでないから、これから読んでいこうと思います。

あと何冊かあるので、それらも読み次第。
スポンサーサイト

【関東麺類巡り その5】

前々から行きたかったお店に行けたので。

【その5 唐そば(渋谷・ラーメン)】
もともとは北九州にあったお店。二代目が東京に進出。
やっぱりいいね、懐かしい味! 麺が太めなのはやっぱ東京向けだからかしら。
客入りも上々だし、安心。また行きたいと思います。次はぜひつけ麺を食べたい。

唐そば


もっといろんな麺類を食べたい……!


今までに巡ったところ
【その1 だるまのめ(秋葉原・ラーメン)】
【その2 つけ麺大王(大崎・つけ麺)】
【その3 たけいし(練馬・中華麺)】
【その4 七福神(池袋・つけ麺)】

【その5 唐そば(渋谷・ラーメン)】

読書記録2

今回もまた本を読んだので、そこらへんの感想とか。

・「幼年期の終わり」アーサー・C・クラーク
 古典SFが好きなのです。ロバート・A・ハインラインやJ・ティプトリー・Jr、あとフィリップ・K・ディックとか。
 この本自体は昔読もうとしたけど、半端なところで止まってしまってた。だから読みたいなーと思いまして。
 地球外知的生命体の設定だとか、地球に秘められたものだとか、いろいろと心ひかれるものがあった。
 特にいいなと思ったのは、第1章の終り。ストルムグレンのカレルレンに感じる友情の部分だった。
 いつかまた読みたいな、と思える本だった。

ちなみに今読んでいるのは「傭兵のお仕事」高部正樹。
共感したり、発見したり。面白い本ですぜ。

ドブ板通りのロック・バー

ドブ板通り、自分たち以外は外国人という環境でお酒を飲んできました。
ガンガン洋楽(ロック)が鳴ってた。
そこら辺を少し。

・ソルティドッグ
 グラスの飲み口に塩がついてるのがやっぱりいいね。
 飲みやすいし、そんなにキツくもないしね。

・ジャック・ダニエル
 定番とも言えるウィスキー。飲みやすい。
 でもちょっと強いよね。そこが良いんだけど。

・ワイルド・ターキー
 基本的にバーボンはあまり得意ではないのだけれど、これは割と好き。
 ストレートで飲むとカーッとなって効く。人にも進めたいバーボン。


黒人からほっぺにチューされたのはいい思い出。

読書記録

最近、久々に読書をしているのでそこら辺について。
今回読んだのは

・「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
 言わずと知れた名作。
 小学校の頃に読んで以来、あいまいな記憶しかなかったのでまた読みたくなった。
 読めば読むほど思い出すし、思い出してもやっぱり泣ける内容だった。
 最近少し勉強している精神医学のことが出てきて、おー、となった。インクブロックテスト。


そういえば、十二国記が新潮社から出直すに伴い、新作もでるとか。
(ソース:新潮社のページ http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/ )
この作品は僕が読書を始めるに至ったきっかけであり、たぶんこの本を読んでなかったら文系の道なんて選んでなかった。
読書のおかげである程度の頭ができたと思ってる僕にはそのくらいに思い入れがあるシリーズです。


今は古典SFを読もうということで、「幼年期の終わり」アーサー・C・クラーク、これを読んでます。
久々にこのジャンル読むけど、集中力切れてると眠くなってしまう!
まぁまだ30%くらいだから、じっくり読んでいこうと思います。
プロフィール

とむそーや

Author:とむそーや
ビールをはじめとするお酒とラーメン(とんこつ)が好き。写真を撮るのと走ること、あと読書が趣味。基本ソロ充。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。