スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録5

休日に時間があったので読書を実行。

・「トーマの心臓」著者・森博嗣/萩尾望都・原作
 知る人ぞ知る漫画、「トーマの心臓」のノベライズ。まさかノベライズしてるとは、そしてまさか森博嗣とは……!
 もちろん買いました。文庫本が出るのなんて待ちきれないのでハードカバー。
 
  「いいかい? 救うなんてことは考えない。そんなのは綺麗事だ。綺麗な言葉で自分を誤魔化しちゃいけない。君は知りたいだけだ。」「苦しみを背負ったつもりでも、何の役にも立っていない。」

 今の自分に必要な言葉だなー、と。自分がやってることの傲慢さを痛感しました。


【最近読んだ本】2012年3月13日~
・「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
・「幼年期の終わり」アーサー・C・クラーク
・「少女」湊かなえ
・「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦
・「トーマの心臓」著者・森博嗣/萩尾望都・原作
スポンサーサイト

読書記録4

帝国派ですけれども。

読み終わったので、読書記録を。

・「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦
 展開、そして収束。物語として綺麗にまとまっていて読みやすかった。
 読後感もよかった。ペンギン好きにはたまらない! とてとて歩いている姿が目に浮かんでよかった。
 子供のころって、ああ、探検とか好きだったなぁ、と懐かしくもなった。

【最近読んだ本】2012年3月13日~
・「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
・「幼年期の終わり」アーサー・C・クラーク
・「少女」湊かなえ
・「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦

……読書記録を付けている本ではこんだけしか読んでないのか、驚愕。
まぁ最近は基本的に勉強の本ばかり読んでいるからなー。

ビールはやはりよろしい

すっかり忘れてた。この前二つビールを飲んだので。

・インドの青鬼
 がっつりした苦味と丁寧な香りがして、でも飲みにくいことはなくて良かった

・エチゴビール ホワイトエール ヴァイツェン
 もしかしたら甘いかな? と思ったけどそうでもなく、ビールらしさが残る一品

近場に海外ビールを仕入れているお店があったのが本当にうれしかった。
その土地のことは地元民に聞くのが一番なんだなー。


【今までに飲んだビール】
ホブ・ゴブリン
ヒューガルデンホワイト
シメイ・ホワイト
クローネンブルグ・ブラン
ハイネケン・スペシャルダーク
ビラ・モレッティ
フランチスカーナー・ヘフェ・ヴァイスビア・ドゥンケル
ピルスナー・ウルケル
ステラ・アルトワ
ギロチン
レーベンブロイ
ヴァイエン・ステファン・ヘフヴァイス
ヴァルシュタイナー
インドの青鬼
エチゴビール ホワイトエール ヴァイツェン

下北沢QUE  『集え!ゴミ人間フェスティバル(5/3→ゴミの日)』

5月3日、下北沢QUEのライブを観に行きました。

"忘れらんねえよpresents 『集え!ゴミ人間フェスティバル(5/3→ゴミの日)』 "

ゴミ人間たるパンクロッカー達によるライブ。
こういうタイプのライブは今回が初めてだったんですが、割と楽しめました。

何より目的は「水中、それは苦しい」というバンド。パンク過ぎて大好きです。
今回はスケジュールの都合なのか、いつものバイオリンとドラムの人は来てなかったみたい。
ジョニー大蔵大臣のソロでした。

開幕早々、出てきたのがジョニーさん。
支離滅裂なんだかそうでないんだか、いろいろと意味不明なことを言う。笑ってしまう。
そういえば映画「モテキ」にも本人役で出演してるとか。

そして始まった一曲目が、
・「安めぐみのうた」
 7年前安めぐみさんからファンだと告げられたときに作った曲らしいです。
 この曲を聴いてると安めぐみさんのスリーサイズを覚えてしまいそう。

・「農業、校長、そして手品」
 ジョニー大蔵大臣のお父さんであるマジシャンのロマンス大蔵さんの歌だったらしい。
 農家が嫌で勉強し、教師になり、校長になり、そして現在はマジシャンをしているという。

・「おっと!オトタケ」

  たたみかける言葉にやさしさがにじむ。
  それは、きっと、いつも人のことを
  やさしく見つめているからなんだろうなあ。
  それにしても、「おっと!オトタケ」。
  あれだけ自分の名前を連呼されると、
  さすがに照れるぜ。

 以上、乙武氏のコメント。まさにこんな感じの歌なんです。

・「まじんのおのようこ」
 言わずと知れたおのようこさんの歌。相手の外国人にも触れます。
 18歳になったら、立派な哺乳類になりたい。

物販もやっていたので、もちろん行きました。腹巻買いました。
犬が立ちバックしてるやつです。使ってみたけどあったかい! 冬を先取り!
ジョニーさんと直接お話しできたのもよかった。すごい誠実そうな人だった。



あと気になったのが、「井乃頭蓄音団」。初めて見るバンドだった。
なんというか、しんみりしたりパンクだったり、青春の1ページだったり。
個人的にはいいなーと思った。

あとひとつバンドを観たけど、諸事情によりそのまま帰りました。
目的の「水中、それは苦しい」は見れたし、おーけーかな。

一緒にライブに行った人は下北沢がお嫌いみたいでしたけど、個人的にはふつーの町だった。
思っているほど森・山ガールであふれてないし、首からカメラぶら下げてもないし。
でも吉祥寺には似てるなーと思った。
プロフィール

とむそーや

Author:とむそーや
ビールをはじめとするお酒とラーメン(とんこつ)が好き。写真を撮るのと走ること、あと読書が趣味。基本ソロ充。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。